h-man1987’s blog

商社勤務から地元に戻り、夢を叶える人間のブログ。

人生で後悔したこと

皆さん、人生で後悔したことはあるだろうか。

30歳目前で大きな後悔はない。高い年収を捨ててベンチャーに転職したこと、自分の信じる事に時間を注げていること、他に流されずに自分のなりたい姿に向かえていること、全く満足はしていないが、後悔は少ないかもしれない。

ただあの時あぁしてたらどうなっていたんだろうというのは多少ある。過ぎてしまったことなので後悔しても全く意味はないが、これからの転ばぬ先の杖として書いておきたい。

①気になる子に自分の気持ちを伝えられなかった事

自分は独身なので結婚相手はまだいないが、今思い返すと大学時代のあの子に気持ちを伝えていたらどうなっていただろうかというのはある。付き合えるとか付き合えないとかは別の問題として、「伝える事」ができなかった自分に残念な気持ちになるし、「どうなっていたんだろう」という結果が永遠に分からないところが気持ち悪い。押せ押せでいくかは置いといて「気があります」と相手に伝えるだけでほとんどこの後悔はなくなると思うので一人の人に一途なのは素晴らしいが、複数の人を好きになるのが自然だと思うのでこの考え方でいいんじゃないかな。意外とモテモテかも…自分のメンタルには良いと思います。

 

②人の意見を聞きすぎて、本来の行動をとれなかった事

自分で言うのもなんだが、真面目で優しい性格だと思う。私の場合は人から言われた事を過度に気にしてしまうたちだと思う。内容にもよるが上司から言われた事に思いっきり反発する友人もいる。どちらが良いというのは決してないが、自分の夢とか目的や譲れないものに関係する事で決断が必要なときは自分で決めて動いた方が後悔はない。あの時はこう言われたけど、時間が経ったら間逆の事を言う人に人生かき回されてはいけないし、気にしすぎてはいけない。自分の人生を他人に奪われてはいけないのだ。自分としては「うるさいなぁ」と都合よく、解釈することも必要だ。

 

③自分の人生を試さなかった事(チャレンジしなかった事)

あなたにはどれくらいの能力があって可能性があるだろうか。それを試そうとしているか。人間には計り知れない可能性がある。歌を歌って人を感動させることもできれば、宇宙に行く事だってできるし、ニューヨークのブロードウェイで勝負することもできる(再来年NYに行こう^^)。実はあの時、あぁしとけば良かったなと思った時にはもう遅い。今30歳目前だが、あと20年経ったら50歳だ。50歳の時に自分がチャレンジ!とか言ってたらヤバイと思う。その頃には大きなチャレンジは終えていたい。死んだじいちゃんが「あっという間の人生だった」とぽろっと洩らしたのは誰もが感じる事だと思う。あなたは人生を賭けてどんなチャレンジをしますか?何とかなるの精神でどーんと行きましょう。結果がどうなるか何て分からない。行動し尽して結果がどうなるか楽しみに見守るくらいで良い。死にはしないし、何とかなる。自分はやることはやってきたという自負が人生に意味を与えると思う。深い喜怒哀楽は振り返ると人生の華なのだ。

 

ここまで見てあなたは何が頭に思い浮かんだだろうか。

是非、その事はやってみなければならないと思う。

ベターではなくマストだと思う。

今日も最善の一日を。