h-man1987’s blog

商社勤務から地元に戻り、夢を叶える人間のブログ。

「高級品」を身につける3つの利点

f:id:h-man1987:20170806151438j:plain

いろんなご意見があるだろうが、好き勝手に書かせて頂く。見ず知らずの方に自慢したいわけではないのでご了承を。

自分は身に着けるものにはこだわりがある。

時計はROLEX、靴はALDEN、ボールペンはMont Blanc、スーツはオーダーメイド(最近、よれよれだが…)、財布はGLEN ROYAL車はクラシックなイギリス車、椅子はハーマンミラーアーロンチェアを使っている。

私の収入は決して高いわけではなく、長期間かけて中古などで手に入れてきた。むしろ収入に見合わないものを使っていると思う。

自分の中で「あり」の物のみを身につける事にしている。

ビジネス書かぶれの私なので高級品を身につけろとよく書いてあるので最初はそれに従った結果、こうなった。最初はカッコいいから機能性が高いからという理由だったが、最近は少し考え方が変わってきた。

ここでいう高級品というのは自分の中で「あり」なものを選んだ結果、値段が高いものに行き着いたというのが正しい。事実、車は130万円なので高級車ではない。私は人より上昇志向が強い人間なので僕のような方には参考になれば幸い。

 

①根拠のない自信が生まれる環境を作れる

身の回りの物は普段目に触れる機会が多い。そこでボロボロのスニーカー、ガラクタのような腕時計、ボロボロの軽に乗っていたら自分はそのレベルの人間だと無意識のうちに感じてしまう。たとえ今、収入が低くても良いものを使っていると将来はそこに行き着こうと潜在意識に働きかけが起こる。この効果は安物には出せないと思う。そこから自分は価値のある人間なんだ、可能性のある人間なんだと思える事は「高級品」のパワーだと思う。

②良いもの、悪いものを見極める力がつく

「高級品」には高級品である理由がある。もちろんブランド価値も相まって高額になっているわけでもあるが……。その物の質感や雰囲気、重さ、使い心地はやはり安物とは違う。いわゆる「本物」に触れる機会を持つと自分も世の中に溢れている陳腐なものよりも頭1個抜けた素晴らしい人間になろうと思えてくる。①と同じような内容になってしまった…。

③高級品を持っている人のレベルに自分が上がっていく

高級品を持っている人は、高級品を持っている人が分かる。逆に高級品を持ったことがない人は高級品に気付かない。あ、この人分かっているな、同じレベルの人だなと思ってもらえるわけだ。だからどうなのか…と言われてもそうなのです笑

 

この中で出てくる「高級品」というのは自分の中で「アリ」なもので良いと思う。今の自分はパテックフィリップが欲しいとは今は思わないし、フェラーリに乗りたいとも思わない。自分の中でちょっと背伸びした物を身につければ、上記のようなメリットを得られるのではないでしょうか。