h-man1987’s blog

商社勤務から地元に戻り、夢を叶える人間のブログ。

自分のモチベーションを計るひとつの基準

たまに昔働いていた会社の前を通ることがある。 とても立派に見える時と普通の建物に見える時がある。 たまに前の会社に出戻りして働いている夢を見る。 たまに昔付き合っていた彼女が夢に出てくることがある。笑 昔付き合っていた彼女がひどく恋しく思える…

花火より月の方がきれいだと言える人

学生の頃に読んだ本に今日のテーマが書かれていた。 花火大会をやっている中、多くの人は花火をきれいだというが、その横に浮かんでいる月の方が綺麗だと言える人間が良い…みたいな話だったと思う。 学生の頃はふ~んって感じだったが、10年経った今でもその…

人間としての責務

西日本豪雨のニュースは心が痛む。 幸い私の地域では河川が氾濫しそうだったが、ギリギリおさまった。 私達は生まれる場所を選ぶことができない。 物心ついた時から自分であることに気付く。 もしかしたら日本じゃなくて韓国や中国、アメリカ、ヨーロッパの…

人を大事にすると良いことがある

人とのつながりを大事にすると自分では起こせないことが起きる。 東京にいる大学からの友人と東京に行った際にこちらから声をかけて食事をする。 その友人から連絡があり、人を募集しているから社長と面談してくれと連絡をもらった。しばらく働くつもりがな…

子供のような大人として生きる

誰しも子供の頃はあった。 小学生の頃、私はとにかくザリガニを獲りまくったイメージだ。 地域のザリガニを全部とってしまうのではないかというぐらいにザリガニの場所をくまなく知り尽くしていた。とにかくザリガニを取ることに執着し、熱狂していた。 頭で…

実績がその人を定義する

会社に勤めてはいないが、名刺交換の機会があるので名刺を作ることにした。 知り合いのデザイナーの方に依頼したのだが、 ・肩書きや一言で自分を表す言葉 ・名刺を見ただけでこの人は何の役に立つ人なのか覚えてもらえる言葉 を教えてくださいと言われて悩…

勉強はOSの更新に似ている

短いけど、忘れないように。 勉強はパソコンや携帯のOSの更新に似ている。 たまに携帯で通知が来るやつですね。 前回のブログにも書いたけど、私には勉強する時間が必要だと思う。 確かに勉強せずに、実務が最も身になるんだ!という意見もある。 私もそれは…

原点に戻る

会社を退職して1週間が経過した。 大学を卒業してから働かない時間を持つのは初めてだ。 働いていた時よりも格段に早く起きれるようになったから不思議だ。 早起きをしてランニングをするのが習慣だが、その時間は不思議な時間だ。 朝は脳みそがリセットさ…

まずは圧倒的に自分が幸せになること

20代の私は擦り切れるほど自分が尽くすことが良いと考えてきました。 朝早くから夜遅くまで一生懸命働いていることこそ、尊いことであり評価されるべきことだと思っていました。 でもたまにものすごく疲れる時があったんです。 エネルギーが枯渇して動くパワ…

「勉強ができる」のも立派な長所

私の勉強暦を簡単にご紹介。 私は地方に生まれて、生まれた地区の小学校・中学校に通い、 高校受験で県内で1番の進学校に入ることができた。(両親のおかげ) 中学校の最高成績は学年で2番!(今思うとすごい笑・両親のおかげ) 高校では全く勉強せずに数…

ほとんどの願いは叶えられる

皆さん自分の願いってお持ちでしょうか。 僕はぼんやりですが、20代を通して持てるようになってきました。 20代前半から後半は自分が何者なのか、何がしたいのか全くわかりませんでした。 でもこれは違う、これは価値観に合う、何で合うんだろうとかやりなが…

自分の機嫌は自分でとる

私は自分が弱いという事を知っている。(かっこよく聞こえるが多分みんなそうです) 勉強も30分も集中ができないという状態だった。 ここで自分を責めてはいけない。 「全然だめだなぁ、俺」「この先大丈夫かなぁ」と考えてはならない。 イッテQでみやぞんが…

あなたは何の「プロ」か。

日本代表良い試合でした。頑張る姿は感動しますね。 私はトライアスロンをやっているが、タイムよりは完走という事に価値を置いている。 より早いタイムを出したいとは思うが、プロ選手に追いつけ追い越せという気は全くない。健康体力・自信作りと人間関係…

毎日自分に自信をつける

人の行動力・実行力のベースにあるものは自信だ。 「俺ならきっと大丈夫」「絶対に成功する!」 そう思えたら何回失敗しようと行動を止めない限り、成功すると思う。 エジソン状態だ。電気を発明するより難しいことは私達の身の周りの生活ではほぼない。 自…

今後の優秀な人材の働き方について

日本人の多くは毎月給料がもらえるのが「当たり前」になっている人が多い。 最近、私は会社を辞めた。自分の人生が戻ってきたような感覚がする。 アメリカは転職の回数は多い。それはいろんな理由はあるだろうが、キャリアアップの為に転職しているというこ…

「意識」を奪われてはいけない

人間の行動は意識するところから始まる。 目的目標があり、毎日それを意識し続ければ結果は出る。 ただ持っていたとしても無意識のうちに意図の無い行動をとると目標からは遠ざかる。 人間の意識は見境なく反応的だ。 ほぼ無意識のうちにスマホに手を伸ばす…

過去を話す人・未来を話す人

過去の話を楽しげに度々話す人がいる。 たまに懐かしんでというのならOKだと思うのだが、いつの話してるんだという人がいる。 あたかもその人の人生がそこから止まってしまい、自分の「青春時代」が最も美しいというような人だ。 社会人になってから新しい事…

諦めずに原因を作り続ける

人は普段、自分の観念の中で生きています。 観念の意味を調べると… かん ねん くわん- [1] 【観念】 ( 名 ) スル ① 物事について抱く考えや意識。 「彼とは義務の-が違っている」 「経済-に欠ける」 「時間の-がない」 「固定-」 ② あきらめること…

今週末はトライアスロンデビュー戦!

自己啓発ネタではありません。 今週末はトライアスロンデビュー戦です。 スイムが苦手だったので集中的に取り組みました。 そのおかげで身体も少しスリムになりました。 体型が整ってくると自信にもなります。 頑張ってまいります!

とにかく決めていくことの重要性

慎重に決めることは重要だが、優柔不断はいけない。 決めていないことは度々、何かの折にふっと頭に出てくる。 そして同じ事でひたすら思い悩んでしまう。 ただ一旦、決めて行動してしまえばその次のことに意識を向けることができる。 何も決めないと身のま…

人生は2,500kcalの使い方で決まる

(頭の中で思いついた内容なので興味のある方だけご覧下さい) 昔、中学校の科学の時間に「エネルギー保存の法則」を学んだ。 私も詳しく覚えていないが、突っ込んだエネルギーはどんな形になってとしても総量は一定みたいな趣旨だったと思う。 それを人間に…

人間はいつか必ず死ぬ

昨日は縁あって就活を終えた大学生と食事をした。 彼のお父様は50歳で脳梗塞で突然、数年前に亡くなったそうだ。 人の死というものはいつ訪れるか私達にはわからない。 ただ必ずいつか死ぬ。これは明日の天気が晴れかどうかよりも明らかなことだ。 しかし、…

経験優先主義

これまでに多くの本を読んできた。 本に書かれている事は概ね「正しい」。 それは作者の人が実際に行動し、体験し、学んだ内容が書いてあるからだ。 なので本屋に並んでいる本、特に自己啓発の分野にある本に書いてあることは「正しい」。(たまに間逆の事が…

誰が言うかが大事

「絶対に諦めてはいけない」 という言葉は誰もが聞く言葉だ。 こういった言葉は誰が言うかで全く伝わり方が違う。 子供でも言えるし、そのへんのおじさんが飲み屋でも言うし、私でも言える。 ただ本当に聞いている人の心の届き、その人が行動するかどうかは…

直感のパワー

私達の生活は情報で溢れている。 グーグルを使えば、大抵どんなことも調べることができるし、形而上的なこともそれっぽい答えが書いてある。 情報に溢れすぎていて本当に大事なことを自分で決めきれない、行動できなくなってきていると思う。 ネットに書いて…

結果を決めること

皆さんが今、決めていることは何でしょうか。 何年何月何日に何々を実現する!と明確に言い切れる事は何でしょうか。 人の意識(エネルギー)というのは超分散してしまいます。 毎日起きることに意識は勝手に反応してしまい、本当に大切なものを見失ってしま…

お金を充分に持っていたとしたら今の仕事を続けるだろうか。

①お金がたくさんもらえていると「やりがい」を求める。 ②お金がたくさんもらえていないと「お金」を求める。 ③お金ももらえないとなると「志」が生まれる。 商社時代、お給料をたくさんもらっていたのにも関わらず、会社を辞めた。 現在、お給料はあまりもら…

行動は金になる

皆さんは毎日しっかり目標に向かって行動をしているだろうか。 今日は自分の欲しいものに対して何か行動を起こしただろうか。 どんなに素晴らしい理想や夢を持っていたとしてもそこに行動や実践が伴わなければ、それはただの妄想で終わり、あなたの人生は何…

人生で主役を張れる時が来る

今の世の中は40歳代の方々が世の中を作っているように感じる。 取引先の主要なポジションは50前の人がやっているし、まさに脂が乗っている状態。 自分もその時には一国一城の主でいたいと思う。 収入も自分らしく年収1,000万円あれば良いと思う。 周りにも年…

良い生活習慣に生きる

規則正しく生活する方が難しい。 昔、商社で働いていた頃は遅くまで働いている事の方がイケてるとされていた。 特に若手社員はその方が評価されている感じがあったし、社風のようにもなっていた。私の部署は「不夜城」とも呼ばれていたし、相場を扱っている…