h-man1987’s blog

商社勤務から地元に戻り、夢を叶える人間のブログ。

後ろの扉を閉める

来月末で会社を退職する。退職届3枚目にして退職が決まった。

 

契約社員として働く道もあったが、ばっさりと退職することにした。なりたい姿が明確になった以上、そこに真っ直ぐ向かいたい。

 

働きながら勉強しながらだと双方に甘えが出てしまう気がして、一般的にはUSCPAは働きながら取得する人が多いようだが、短期間で専念して取ることにした。

 

潤沢な資金はないが、足りなくなったらどこかで働こう。自分なら大丈夫な気がする。

 

私は誘惑に超弱く、集中力が人より多分ない。退職して後ろの扉を閉めてもうやるしかない!という状態にしないとやらない。お尻に火がつかない。お尻に火がついても熱いと感じるまで平気でいるタイプ。

 

弱いからこそ環境を整えてやらなければならない。

 

「やると決める」

 

決めたことは必ずやり遂げる。どんなことが起こってもそれは決めたという前提のものだからガンガンクリアしていける。

 


竹原ピストル /よー、そこの若いの (Short Ver.)

出来ることからちょっとずつ

最近、USCPA(米国公認会計士)の勉強をしている。かといって私はそこまで基礎学力は高いほうではない。大学生の頃に簿記2級と英検2級をとった程度だ。そこまで難しくないと言われている本資格だが、私にとっては簡単ではない。

 

集中力や記憶力が鈍っていたり、勉強の習慣がなかった分、できない自分にストレスが溜まる。たまに自分を責めたくなる。全然頭に入らない自分を「ダメじゃないか!」と言いたくなる。ただこの行為には全く意味がない。自分で自分をいじめているようなものだ。

 

いつか必ずできるようになる。

 

英語だって子供の頃はアルファベットすら書けなかった。

LとMとNの違いもよく分からなかった所から文章が書けるようになり、外国人と中学校英語で話せるようになった。

 

会計も借方と貸方を間違えていた時から決算書を作れるまでになった。

 

いつか必ずできるようになる。

 

だからこの勉強でも分かるところまで内容を細切れにして分かるようにしながら進めている。40問あるうちのいきなり40問はできないから10問は今日やろう。

自分で自分に自信をつけてあげる感じ。あまりにも理解不能で眠くなっても少し寝て頑張ろう。成長しようとする自分を認めてあげよう。

 

みんなも頑張ってねん。ここで合格の報告をします。

私達は「超間違っている」から「間違っている」、そして「ちょっと間違っている」へ

私達は「超間違っている」から「間違っている」、そして「ちょっと間違っている」へ

この言葉は『その決断がすべてを解決する』という書籍にあるフレーズを拝借して少しアレンジしたものだ。

 

皆さんは自分の決断に自信はあるだろうか、そしてその決断から自分の思ったとおりの結果は得られているだろうか。

当然、私達はその判断が最善だと心の底から思い、決断をする。

 

うまくいったこともあれば、うまくいかなかったことがあると思う。

何かしらの選択と行動を繰り返しながら毎日生きている。

何となく自分のなりたい姿や夢をぼやっと描きながら。

 

考えた通りに実生活が運ばない時、私達は軌道修正をしなければならない。

私達の判断はそもそもある程度合っていてある程度間違っている。

人間の判断というのは実はたかがしれていて怪しいものだと最近思ったりする。

そして改善を行い、少し合っている状態に移行する。

しかし改善行動を起こさないと人生が変わらず、時間ばかりが過ぎていくことになる。

 

良く聞く話だが、成功の確率を高める方法として失敗の数を倍にするというのがある。

とにかく仮説を試してたくさん失敗して、地で成功まで辿り着くようなイメージ。

だから思い描くことはすぐ実行して結果を確かめた方がいい。

 

超間違っている→間違っている→ちょっと間違っている→少し合っている→合っている

 

これをいかに早くできるかが重要なんじゃないかな。

(この絵、分かりやすいでしょ笑)f:id:h-man1987:20180522191350p:plain

自分の人生を諦めてはいけない

30歳になるとみんないろんな人生を歩んでいる。

年収1,000万円もらっている人。志をもって地方で頑張っている人。親の事業を継いだ人。消息不明の人。ザ・サラリーマンな人。いろいろだ。

先日、東京に行った際に大学の友人と会ってきた。

どうやら年収1,000万円もらっているらしい。

いいな、いいな!と超思う(笑)

 (私も前の会社にいれば1,000万円もらえていた。だから能力はある!笑)

 

就職してから大きな成長を遂げる人は多くない(多分、そんなこともないが)

自分の人生はこのままずっとこの調子だぁ…と無意識に思い込んでいる人は特に。

 

自分は今、地方のベンチャーで働いていて大学ほどの学力を必要とはしない。

どちらかというと人を巻き込んだりコミュニケーション重視な気がする。

でも努力すればTOEICで満点をとれるほどの能力はある。

でもいつの間にか過去にできなくなり、これからもできないことのように思い込んでいる。

何が言いたいかというとあなたも私もやれば必ずできるんだよ、という事。

人はいつからでもどこからでも良くなれることを忘れてはいけない。

今あなたが何歳であってもこれからがあなたの人生なのだから。

 

自分の人生を諦めてはいけない。

Never never never give up!!

人に夢を話すという事

最近、人に自分のやりたいことを話すことが増えてきた。

相手にどう思われるかが気になる私としては不安な気持ちになる。

ただ約5年前から比べてたやりたいことすら分からず、言えなかったことから比べると成長しているのは事実。

そしてある程度の自信をもって話せるようになっている。

 

話すと大体2パターンに分かれる。

一つ目は否定される場合。そんなことはできないよ、甘い。

二つ目は応援するよ!という場合。

 

どちらが良い悪いではなくて面白いのが後者は何かを達成している人だ。

可能だと考える人は相手の願望も可能だと考える。応援したいと思う。

自分にもできたんだからあなたにもできるよ!という感じ。

 

人に夢を話すと良いことが二つある。

一つ目はその夢が増大されることだ。否定されるのが怖いから多くの人は躊躇いがちでひたすら頭の中で考え続ける。ただ一旦口に出し、自分の耳で自分の声を聞くと少し現実味が増してくる。だんだんリアルに感じられるようになるのだ。そこから脳みそは不思議とできるように考え始める。

 

二つ目は協力してくれる人が増える。有難い事に他人の夢を応援したいという人は多く存在している。その人が力になってくれたりする。ずっと言わなければその人は助けてくれない。意外なところから応援者が現れる可能性ができる。そこから実現への道が拓かれるかもしれない。人はビジョンに巻き込まれる生き物だからだ。

 

企業の経営者が良い例だと思う。こんな事やりたい!人生を賭けてこれをやるんだということに共感した人間が社員となり、その経営者のやりたい事に携わっていく。

 

残念ながら悪い事もひとつある。それは真っ向から否定される人に話すと夢がずたずたになることだ。話す人は選ばなければならない。自己啓発の名著『成功哲学』にも書いてあるが、願望は生まれたてのよちよち状態で生まれてくる。その状態で心無く否定されるとその夢は立ち上がれなくなってしまう。

 

結論、口に出すと良いと思う。どんな小さなことでも。

あなたが夢をかなえることは世界が良くなることに繋がっているはずだ。

実行なき夢は夢想

実行が伴っていない自分に嫌気がさす。

人々にこうなりたい、ああなりたい、こういうことがしたいと言うのにも関わらず、それを実現する具体的な行動をしていない。

ホラ吹き状態だ。周りは年収1,000万円を稼いでいる。それに比べて自分は…。

自分のやりたいことはこれで良いのか…。周りの人から中途半端だと思われているようだ。やるせない。経済的にも独立していない自分が情けない。

気が向くことはすぐ実行する。でもそれは本当にやるべき事から逃げているだけだ。

行動が足りないとどんどん不安が膨らむ。余分なことを考えてしまう。

 

自分の仮説を検証しないといけない。誰に何と言われようと。

価値を提供できれば、豊かになれるはずだ。1,000万円分の価値を。

愚痴になってしまって申し訳ない。みなさん今日は勘弁してくださいね。。。

粛々と淡々とやるしかないね。一時に一事。

本当の幸せとは?

定期的に東京に行きます。

行きたい所をリストアップしてまとめて東京見学する感じ。

地方に住んでいても最先端のものに触れて、世界の中の自分を確認したい。

海外にもぷらっと行きたい今日この頃。

 

東京に来たときに感じるのが何でこの人達東京にいるんだろうという事です。

まぁお節介な独り言なので聞いてください。

 

電車の中の人たちはどこか元気が無くて、飲み屋さんを覗くと何だかみんな元気。

情報とストレスが多過ぎて本人達も何が大切か分からなくなって行動している。

どこに向かって生きているのか。どうしても成し遂げたいことは何なのか。

今の目標は何なのか。

たくさん稼いだお金がストレスと共に消えていき、物ばかりが溢れる東京。

確かに魅力的な街だけど、自分を持っていないと流されてしまいそう。

 

最近思うのが、身近な人との人間関係と自分自身との人間関係がうまくいっているとかなり幸せだと思います。あと健康であれば。好きな女性ともたまに食事を。

毎日を気分良く、笑顔で過ごせれば。

お金が多少無くても頑張って稼げるようになればいいし、ちょっと足らないなくらいが丁度良かったりする。その努力が後から見たら楽しかったりする。

 

いくら資本主義経済が便利で快適だからといって資本主義の奴隷になってはいけないと思う。

私の今の年収で東京暮らしとなったら大貧民だろうな笑

明日は山梨県リニアモーターカーの実験場に行きます。

約10年後をイメージする為に。